美容皮膚科のウルセラのメカニズムで老け顔改善法!

最新治療のウルセラ

ウルセラは、美容皮膚科で受けられるたるみ治療としては最新のもので、
切らずにできて効果も高いことから今人気の治療法です。

そのメカニズムは、超音波の熱エネルギーを用いて皮膚の土台となる
筋膜を引き締めて引き上げることで、たるみを解消します。

治療は即効性はなく、徐々に効果が現れ、治療から2ヶ月後くらいに一番効果が現れます。

持続期間は半年から1年ほどです。
他のたるみ解消の治療法に比べて持続期間が長いので、
頻繁に通院できない人には良いでしょう。

治療の前に知っておきたいウルセラのリスクとして、治療の痛みとダウンタイムがあります。

痛みは我慢できるくらいのものですが、痛みに弱い人は
一度専門医に相談してみることをお勧めします。

痛みに弱い

またダウンタイムとして、治療の直後にミミズ腫れのようになることありますが、
だいたい数十分から1時間ほどで引いてきます。

まれに内出血やおたふく風邪のような腫れが出る人もいますが、
そういった場合も2週間ほどで軽減することがほとんどです。

効果とリスクを知って治療にのぞめば、満足のいく結果を得られるでしょう。